衝撃!塩素除去のビタミンCシャワーで頭皮ニキビができなくなった話

美容・化粧品
kevin
kevin

ご無沙汰しております。

3か月ぶりくらいの更新になってしまいました。

その間ですが、頭皮ニキビ対策のために試していたシャワーヘッドが私の頭皮ニキビに効果的だったのでご紹介したいと思います。

下の写真のアラミックのビタミンCシャワーというものを購入しました。

食品用ビタミンCを使って水道水の塩素を除去してくれるシャワーヘッドになります。

アラミックのビタミンCシャワー

アラミックのビタミンCシャワー

 

結論から言いますと、このビタミンCシャワーヘッドを2か月間使用して新しい頭皮ニキビが発生しなくなりました!

 

※どのくらい頭皮ニキビが私の頭にあったかについて詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

5年間の頭皮ニキビ地獄から脱出!色々迷走した結果、市販のニキビ薬を試してみた
kevin こんにちは!5年間頭皮ニキビに悩まされたkevin(@wgkevi)です。 たくさんの方にこの記事を読んで頂いております。ありがとうございます。 ...

記事にある通り、頭全体にビッシリあった頭皮ニキビは市販のニキビ薬で治すことはできたのですが、それでも多少はニキビができては薬で治すの繰り返しでした。

市販のニキビ薬のおかげで、頭全体にビッシリあった頭皮ニキビは大分減ったのですが、それでもできては消えての繰り返しで完全にできなくなるということはありませんでした。

なので、ずーっと原因を自分なりに考え続けました。

ある時、今住んでいる地域に引っ越す前には頭皮ニキビはできなかったこと、ヨーロッパに1週間ほど行ったときも新しい頭皮ニキビができなかったことに気付きました。

 

kevin
kevin

そして、上記のビタミンCシャワービタミンCシャワーにたどり着いたのです!

もしかして水道水の塩素濃度が関係しているのでは⁈

ヨーロッパに行ったときは毎日お酒を飲み、ほぼ肉中心の生活に長時間のフライトで疲れているにも関わらず新しい頭皮ニキビができなくて不思議でした。

ヨーロッパの水は硬水で日本は軟水なので、硬度の違いで頭皮に影響があるのかと思いましたが、数年前に今住んでいる地域に引っ越してきましたが、引っ越す前の地域に住んでいる時には頭皮ニキビはできなかったことも思い出しました。

そうすると、硬度の違いではなく、もしかすると塩素濃度の違いなのかな?と思いました。

今の地域のほうが残留塩素濃度が高い

水道水の残留塩素について調べてみると、

・以前住んでいた地域の残留塩素→0.5mg/L
・今住んでいる地域の残留塩素→0.57mg/L

素人目にはあまり差はないように感じました。

それでも、一応、今住んでいる地域のほうが残留塩素濃度は高いということが分かりました。

ちなみに、自分の住んでいる地域の残留塩素の濃度について知りたい場合は都道府県のホームページで確認できると思います。

ヨーロッパと日本の水道水の消毒についての考え方の違い

日本では水道法により給水栓から出る水道水の残留塩素濃度は0.1mg/L以上保つように定められています。

衛生上の安全を保つために、最低限0.1mg/L以上の塩素濃度を保つように指導しているのが日本です。

逆にヨーロッパでは飲料水の消毒を義務付けていなかったり、消毒剤の残留を要求していない国も多いとのことです。

それは良好な原水水質であることが理由なのようです(他にも理由はある)。

調べてみましたが、私が訪れたイタリア・スイス・ドイツなどでは水道水の消毒に対するアプローチが日本とは違うということが何となく分かりました。

国立保健医療科学院財団法人日本公衆衛生協会主催の研究発表会で発表された国立保健医療科学院水道工学部 島﨑大先生の「水道の給配水過程における生物再増殖とその制御」という論文を参考にしました。

下記にリンクを貼っておきます。興味のある方はご覧ください。

https://www.niph.go.jp/soshiki/suido/pdf/h19CL/2007chlorine-proc.pdf

kevin
kevin

この論文を読み、私の解釈が間違っている可能性もありますが、ヨーロッパ滞在中に新しい頭皮ニキビができなかった理由はもしかしたら水道水にあるのかも知れないと予想しました。

塩素を除去してくれるシャワーヘッドを購入

素人なりに水道水の塩素が影響して、頭皮が荒れてニキビができるのかも?と予想した結果、どうにか塩素を除去してくれるアイテムがないものかと調べていたら、ありました!

というか、水道水の塩素を除去するシャワーヘッドって割と一般的なアイテムのようです。

Amazonのレビューを読んでみると、アトピーの方や肌が弱い方も塩素除去をしてくれるシャワーヘッドを使われているみたいですね。

私が購入した塩素除去をしてくれるシャワーヘッドは食品用ビタミンCを活用したものです。

アラミックという会社の食品用ビタミンCで塩素を除去してくれるシステムのシャワーヘッドになります。

アラミック社以外にも売っていますが、シャワーヘッドが透明でカートリッジ内が見えるので、ビタミンCを補充するタイミングが分かりやすいかと思い、こちらのタイプにしました。

ビタミンCで塩素を除去してくれます

ビタミンCって塩素を分子レベルで分解除去してくれるらしいです。

化学式でみると

C₆H₈O₆(ビタミンC)+Na ClO(次亜塩素酸ナトリウム)
→C₆H₆O₆(酸化ビタミンC)+H₂O+Na Cl(塩化ナトリウム)

という反応式になります。

 

では、どのくらいのビタミンCの量が必要なのでしょうか?

 

アラミック社の取り扱い説明書によると

水道水の塩素を取り除くために必要なビタミンCは、1トンの水に対して、たったの3gの量で良いのです。

とあります。

 

参考に、計量スプーン3ccで家にあるL-アスコルビン酸(ビタミンC)で計量してみました。

こちらのL-アスコルビン酸を使用。

 

このL-アスコルビン酸に付属されていた計量スプーン擦り切れ1杯3ccで重さは4gになりました。

 

写真では分かりにくいですが、一般的な計量スプーン小さじ1で5ccなので、それよりも少ない量で1トンの水道水の塩素を除去できるということになります。

 

ですから、シャワーヘッドに内蔵されているカートリッジに入っているビタミンCビタミンCで十分にシャワーヘッドから出る水道水の塩素は除去されていると考えられます。

2ヵ月使用した結果、頭皮ニキビができなくなりました!

2ヵ月使用した現在ですが、新しい頭皮ニキビはできなくなりました。

その間、市販のニキビ薬は使用していません。

ビタミンCシャワーを使い始めたときにも、また頭皮ニキビが複数できてしまっていたのですが、ニキビ薬を使うことはせずにそのままにしてシャワーヘッドを使ってみました。

1か月くらいで頭皮ニキビが消えて、その後も新しい頭皮ニキビは発生せずに過ごしています。

この1か月はほぼ毎晩飲酒もしていますし、食べる量も増えてしまっています。

それでも、頭皮ニキビはできません。

つまり、あくまで素人の予想ですが、私の頭皮ニキビの原因は脂っぽい食べ物やアルコールやビタミン不足ではなく、水道水に含まれる塩素による頭皮へのダメージが強すぎた結果だったのはないかと思います。

まとめ

塩素を除去してくれるシャワーヘッドを使うようになって頭皮ニキビができなくなっても、何年も頭皮ニキビが頭皮ビッシリ状態だったので、朝起きたらまたビッシリできているのではないか?という恐怖に襲われますが、今のところ頭皮は良好な状態を保っています。

人によっては、脂溶性ビタミンCやビオチンを摂取することで改善されたという話も聞きますし、頭皮ニキビに対するアプローチは人それぞれなんだなあと実感しています。

ちなみに私も脂溶性ビタミンCもビオチンも試しましたが、頭皮ニキビは減りませんでした。

今回、頭皮ニキビがなくならなくても、塩素を除去することで髪の毛や子どもの肌にも良いからとダメ元で塩素除去シャワーヘッドを使ってみましたが、私の頭皮には合っていたようです。

というか、自分の肌はデリケートではないと思っていましたが、想像していたよりも塩素の影響を受けていたんだなと驚きで一杯です。

すべての人が塩素によるダメージで頭皮ニキビができるとは言えないですが、一つのアプローチとして塩素を除去してくれるビタミンCシャワーヘッドはオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました