大坂なおみ選手着用の腕時計は?!全米オープン決勝で着用

有名人使用の腕時計
kevin
kevin

kevin(@wgkevi)です。

大坂選手の全米オープン優勝おめでとうございます!

日本・ハイチ(お父様がハイチ出身)の代表としてグランドスラム初制覇!主審に対するブーイングの嵐の中、平常心を保ちながらの大坂選手のプレーは圧巻でしたね。

そんな大坂選手が試合中に着けている時計がシチズンです。

8月末にシチズンのアンバサダーに就任し、全米オープンからシチズンの時計を着けて試合に参戦しています。

ずっとどこのブランドがアンバサダーとして迎えるのか気になっていたのですが、シチズンで嬉しいです!

ちなみに、全米オープン決勝の対戦相手でグランドスラム23度の優勝を誇るセリーナ・ウィリアムズ選手はオーデマ ピゲのアンバサダーでロイヤルオークを着用しています。

大坂なおみ選手着用のモデル

https://www.instagram.com/p/BnaY1MKlfqR/?utm_source=ig_web_button_share_sheet
こちらの腕に着用している時計が大坂選手着用のモデル・シチズンEco-Drive Bluetooth BZ4006-01Eです。

試合中にも着用してくれています。まさしく全米オープン決勝でも使用しています。

エコ・ドライブBluetooth 大坂選手着用モデル

大坂なおみ選手着用モデル

引用元:シチズン公式サイト

シチズンのエコドライブの新作です。9月14日より販売予定です。

Eco-Drive Bluetoothの特徴

アナログ時計とスマートウォッチの間のような時計です。

デザインは3針の時計ですが、Blutooth機能が付いているのでアプリを専用ダウンロードすればスマホと連動させることができます。

【Blutoothの便利な機能】

①スマホの着信通知
②スマホを操作して自動時刻修正
③時計を操作してスマホを鳴らして探す(スマホと離れると音や振動などでお知らせもしてくれる)
④光発電(1日のフル充電で4年駆動。スマホに接続しても最大9か月)
⑤スマホを操作してアラーム設定

エコ・ドライブBluetoothシリーズはメンズ・ユニセックス・レディースとそれぞれ種類があります。大坂選手着用のモデルはユニセックスになります。

このシリーズの良さは見た目がアナログなので基本的にどんな場面でも使えるデザインなところが良いです。

【エコ・ドライブBluetoothシリーズの特におすすめなポイント】

①どんな場面でも使いやすいデザインが揃っている!
②ウレタンのバンドもあるので陸上スポーツにも使える!
③エコ・ドライブだから部屋の照明でも充電できる!
④スマホ探索機能とリンクロス通知機能でスマホをもう2度と忘れない!

メンズとレディースモデルはビジネスシーンでもデートシーンでも使えると思います。

ユニセックスはバンドがウレタンなのでスポーツにも向いてます。現に衝撃の激しいテニスの試合で大坂選手が着用されてますし。

充電の手間がかからないのもポイントが高いです。めんどくさがりなタイプでも使っていれば勝手に充電してくれてるので超便利です。奥さんがもう7年くらいクロスシー使ってますけど元気に動いてます。ずっと閉まっていて動きがおかしいなという場合でも、太陽光に1日当ててあげるとちゃんと動くようになってます。

さらに、スマホ探索機能が付いているのでスマホをなくしやすい人必見です!通信可能範囲と限られていますが、家の中でどこに行ったか探すときに便利です。スマホと一定距離離れると通知してくれるので忘れることもないです。リンクロス機能は外出したときに使いたい機能です。

シチズンの職人魂

Eco-Drive Bluetoothのムーブメントは自社製の部品で、しかもシチズンの熟練職人さんが組み立ててくれています。

日本国内で組み立てるところはシチズンのこだわりですよね。

ムーブメントは時計の心臓部ですから、国内で職人さんの手によって作られているのはとても嬉しいです。

スマホと連動させる機能付き時計なので、最先端技術だけにこだわるのかと思いきや、ムーブメント製造にも力を入れてくるところが流石シチズンです。

まとめ

大坂なおみ選手の全米オープン優勝は今年100周年となるシチズンにとっても嬉しい知らせですね。

テニス選手は腕時計ブランドのアンバサダーを務めている方が多いのですが、試合を観るたびに「時計が邪魔にならないのかな?」と思うのですが、大坂選手がEco-Drive Bluetooth BZ4006-01Eを着用して優勝したので、恐らくEco-Drive Bluetooth BZ4006-01Eの薄さと軽さは手首の動きなどを制限しない快適な使い心地なのだと思います。

Eco-Drive Bluetoothシリーズが今後どのように進化していくのか楽しみですね。

コメント