【Google Lunar XPRIZE】Googleがスポンサーの月面探査の国際賞金レースに参加する日本チームHAKUTOを応援しよう!

エンタメ

kevinです。

ちょっと前に、auのCMで話題になった月面探査レースについて書きたいと思います。

たまたま、ネットサーフィンしてて、広告を見て詳しくその内容を知って、興味を持ったので(^^)勢いでサポーター会員にも登録してみました。

世界初の月面探査レース【Google Lunar XPRIZE】とは?

Google Lunar XPRIZEとは、グーグルがスポンサーとなり、XPRIZE財団が運営する世界初の月面探査レースのことです。

 

賞金総額は、なんと3000万ドル!(日本円で約33億円※1ドル=110円換算)

 

しかも、民間組織によるレースなんです。世界10か国以上16チームが参加しています。

ミッションは3つあります。

 


1 月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること
2 着陸地点から500メートル以上移動する事
3 高解像度の動画や静止データを地球に送信すること

 

こうやって表記すると簡単そうなのですが、

打ち上げ申請をして、着陸地点をXPRIZE財団に通知後、

ロボット探査機を月面に着陸させなくてはいけなかったり、

移動するにしても、砂やクレーターや岩石を避けながら走行する技術、

高解像度の動画などを月地球間で送受信する必要もあります。

そして、月面では-100度以下になったり、100度を超えたりします。

なので、高温状況でもCPUが熱暴走しないようにしなくてはいけないのです。

しかも、月に人類が降り立ったのは1972年のアポロ17号が最後です。

それから約40年、毛利衛さんを始めとして日本人も宇宙に行きましたし、

多くの宇宙飛行士が宇宙に飛び立っていますが、アポロ17号を最後に誰も月には行っていないのです。

そんな状況のなか、民間だけの力で、月面探査探査機を月に着陸させ、

走行させようというのはとても難しいミッションなのです。

そして、月面探査ローバーの走行力も必要ですが、

月面の様子を正確に把握するためにも、

高度な通信技術が必要です。

ローバーから地球に送られてくる画像を見ながら、

地球上でローバーを操作しなくてはいけません。

高解像度の画像をリアルタイムに送信できるチームほど、

ローバーの操作で優位に立てるのは間違いありません。

 

 

日本の民間チームHAKUTOも参加!

そんな人類史上初の月面探査レースに日本の民間チームも参加しています。

それが、HAKUTOです!

HAKUTOは、「ロケットの打ち上げ」と「月面への着陸」は他のチームと相乗り。打ち上げロケットは、イーロン・マスク氏(オンライン決済システムのPayPalを創業・売却し、電気自動車事業のTesla Motorなども立ち上げている起業家)が設立したSpaceX社の「Falcon9」を、月面着陸はアストロボティック社の「Griffin」を利用。自らはローバー(月面探査ロボット)を開発して、月面の探査に力を注ぐ。
引用元:au×HAKUTO MOON CHALLENGE

 

HAKUTOは、月面探査ロボットのローバーの開発を行っています。

そして、興味深いのはHAKUTOのメンバーは約60人ほどいるそうですが、

ベンチャー企業「ispace」「東北大学吉田研究室」「ボランティアメンバー」の3本柱から組織されているのです。

今回のミッションには月面探査ローバーを開発する宇宙関連の技術力だけでなく、

財務・法務・PR・営業・デザインなども必要になってくるそうです。

それらの業務にボランティアメンバーが携わっているそうです。

そんなHAKUTOチームに、一般人でも協力できる方法があります。そ

れは、「ハクト サポーターズクラブ」に加入することで応援ができます。

会費は、クルー会員1万円とサポーター会員1000円の2種類があります。

それぞれ、会員カードやステッカーなどの特典付きです。

クルー会員だと、レプリカユニフォームや特別イベントに招待してもらえるようです。

今回、私は、サポーター会員に登録しました。

会費1000円と送料800円、コンビニ決済手数料200円の計2000円です。

後日、会員カードなどが届きましたら、また記事にアップしたいと思います◎

大好きなオメガ・スピードマスターにまつわる月のイベントなので、本当にワクワクします。

HAKUTOは優勝候補の一角として健闘しています。「

モビリティサブシステム中間賞」を2015年1月に受賞しています。

 

詳しくはこちらHAKUTOオフィシャルサイトをご覧ください。

 

auも企業としてバックアップしていて、特設サイトを設けています。

私もauユーザーなので、auが通信技術の面で、HAKUTOをサポートしているのは嬉しいですね。

興味深い記事がアップデートされてますので、読むとワクワクして面白いサイトです。

 

 

ディスカバリーチャンネル科学実験館 コズミックカレッジも注目です

それと、小学校3年生から6年生のお子さんをお持ちの保護者の方は必見です!

ディスカバリーチャンネルとJAXA共催による宇宙科学イベント「ディスカバリーチャンネル科学実験館 コズミックカレッジ」が6つの大学のキャンパスで開催されます。

今回、auとHAKUTOも参加するそうです。

まだ、応募募集中の会場もありますので、宇宙に興味のあるお子さんがいらっしゃったら、きっと楽しいと思います。

参加費は無料だそうです。

詳しくはこちらです。