1,500円のコーヒーミルでも美味しく豆は挽ける!

グルメ

kevinです。

あるイベントで、美味しい水出しコーヒー(Cold Brewed Coffee)に出会い、自宅でも出来ないかな?と思い、せっかくなのでコーヒーミルを買って豆を挽くことから始めることにしました。

それと、挽きたてのコーヒー豆の香りの良さで、朝もスッキリ活動できるかな?って思ったのも理由の一つです。

でも、初心者なので、あんまり高いものを買って使わなくなるのも嫌だったので(笑)、なるべくお手頃な価格で道具一式を揃えることにしました。

結局、豆以外ですが、一式5,000円ほどで揃えることが出来ました。

コーヒーミルは手動タイプですが、なんと1,500円ほどでした!

 

5,000円で揃えた道具一式紹介

約5,000円ほどで、必要な道具一式は揃えることが出来ました。

 

▼購入当時の値段

・手動式コーヒーミル    1,599円 Amazon

・コーヒードリップケトル  2,000円 Amazon

・コーヒーサーバー     695円 Amazon

・コーヒー豆用キャニスター 108円 100均

・スコップメジャー     564円 Amazon

 

 

手動のコーヒーミル

自動はもちろん高いので、手動タイプのミルを探しました。

Amazonで購入しました。

「クラシック手動式コーヒーミルーVIANKORS」という商品です。

クラシック手動式コーヒーミルーVIANKORS 粒度調整可能、研磨均一、ステンレスのハンドル、セラミックスの臼、天然木のベース、人体工程学デザイン、もっとおいしい、コーヒーマニアがおすすめ

木の雰囲気に惹かれたのと、お値段がとても安かったので決めました。

使い勝手ですが、2人分ぐらいを淹れるのにちょうど良いサイズのような気がします。

豆を入れ過ぎると、引き出しから豆があふれ出します(汗)

それと、挽くときは、本体が動いてしまうので、がっしり押さえていないと挽きにくいです。

5歳児の女の子でも一応挽けるは挽けます。

取っ手を回すのは楽しそうにしています。

でも、グラグラ本体が動くので、押さえて欲しいといつも頼まれます。

大人が使う分には問題ないと思います。

もしかしたら、女性だと本体を片手で押さえるのはしんどいかも知れません。

最近、腕立て伏せを頑張っている奥さん曰く、なかなか力がいるので、少し疲れるとのことです(笑)

粗さの調整は、挽きながら見ていくという感じでしょうか?

このぐらいかな?というところでナットを調整して、挽いてみて、また調整すると好みの粗さに出来ます。

ただ、回しているうちに、ナットが動くようで、細挽きがいつのまにか粗挽きになっていたりします。

それと、細挽きは、かなり頑張って回さないと、なかなか挽き終わらないです。

我が家は、中挽きなので、そこまで挽くのは大変ではないです。

 

見た目も雰囲気あって素敵で、1,500円ほどで購入できたので、買って良かったです。

やはり、挽きながらコーヒー豆の香りが楽しめるので、今のところ毎朝挽いています。

挽くのは5分とかからないので、ちょうど良いリフレッシュタイムになってくれてます。

 

 

E-PRANCE コーヒードリップケトル

コーヒードリップケトルもAmazonで購入。

コーヒードリップケトルはもっと安いのもあったのですが、デザインに惹かれたのと、取っ手も金属だったので、こちらにしました。

プラスチックだと経年変化で割れてしまう可能性もあるので、それが嫌だったので。

直火にもかけれるようですが、我が家のコンロとサイズが合わなかったので、ティファールでお湯を沸かして、こちらのケトルに入れ直して使用しています。

 

注ぎ口が細いので、とにかく湯量の調整がしやすいです。

今までティファールの電気ケトルをそのまま使用していたので、お湯がドバっと出てしまっていたので、専用ケトルにするだけでも、コーヒーが格段に美味しくなりました。

 

ハリオのコーヒーサーバー

こちらもAmazonで購入。

自分と奥さんしかコーヒーは飲まないので、とりあえず600mlを購入しました。

だいたい、いつも400mlぐらいまでしか淹れないので、ちょうど良いサイズでした。

マグカップ2杯分かな?

 

電子レンジにも使える優れものです。

意外と、割れにくいです。

ちなみに、ドリッパーは元々使用していたハリオのドリッパーを使っています。

 

コーヒー豆用キャニスター

キャニスターは100均で買いました。

確か、ダイソーです。

意外とオシャレだったので、試しに使っています。

Amazonでハリオのキャニスターが売ってます。こちら、使い勝手良さそうです。

しかも、600円代で買えるようです。

 

カリタ スコップメジャー

カリタのスコップメジャーもAmazonで購入。

100均のキャニスターにもすっぽり収まってくれています。

計量スプーンより、一度に豆をミルに投入できるので便利です。

 

まとめ

高級なモノで揃えようとすると、コーヒー豆を自分で挽くというのもハードルが上がってしまいますが、Amazonでお手軽に始められるミルを見つけることが出来て良かったです。

自分で挽く手間はありますけど、コーヒーの香りに癒されますし、ほんのちょっとだけですけど、生活が豊かになったような気もします。

1,500円ほどのコーヒーミルですが、意外と豆の挽き具合は調整できるし、やはり挽きたては美味しいです。

水出しコーヒーも、自分で挽いた豆で作ってみましたが、雑味のないスッキリとした味わいのコーヒーを作る事が出来ました。

水出しコーヒー用のポットではなく、麦茶用に使っているピッチャーを代用して作りましたけど、大丈夫でした◎

挽きたてのコーヒー豆で淹れると、クセがなく(豆の種類によりますが)、ブラックが苦手な奥さんでもブラックで飲んでいたので、粉コーヒーよりもやはり美味しく淹れられるんだと思います。

 

興味がありましたら、5,000円からコーヒー豆を挽く生活を始めてみてはいかがでしょうか。

コメント