腕時計のクロノグラフを使いこなしてカッコイイ男になろう!

時計全般
kevin
kevin

kevin(@wgkevi)です。

今日は腕時計のクロノグラフの操作方法について説明します。

クロノグラフ付きの時計を使っている方は多いと思いますが、案外使わないので使い方が分からないままという方も多いのではないでしょうか?

そんな見栄えも良いクロノグラフですが、使いこなせるほうがさらにカッコイイですよ!

一度操作を覚えてしまえば簡単なのでぜひガンガン使いこなしましょう。

[ad]

クロノグラフってどんな機能?

クロノグラフはいわゆるストップウォッチ機能のことです。

リューズの上下にプッシュボタンがあるのですが、それを押して時間を計測することができます。

 

kevin
kevin

オメガのスピードマスターでクロノグラフの機能を確認しましょう。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

まずは、スタート・ストップボタンとリセットボタンの位置を覚えましょう。

それからクロノグラフ秒針がどれかと、30分積算計と12時間積算計の位置を確認しましょう。

この3点がどれか分かってないと、せっかく時間を測っても分からないですからね。

12時間積算計があるので、トータルで12時間計測することが出来ます。

 

基本的に秒針とクロノグラフ秒針は違うので要注意です!

秒針はパッと見だとセンターにあるクロノグラフ秒針が目立つので勘違いしそうですが、9時位置の小さい針が秒針になります。

つまり、何時何分何秒の秒を表示している針になります。

これを永久秒針と言います。

 

また大抵のクロノグラフにはタキメーターという機能がついています。

タキメーターというのはある地点から1キロ進んだ地点までの平均時速を求めることができる機能です。

タキメーターの使い方についても最後に説明しますね。

こんな場面で使えるクロノグラフ

普段の生活でストップウォッチ機能はこんな場面で使えます。

プレゼンテーションの際に持ち時間を計測したり、休憩時間の経過時間、料理の時にパスタの茹で時間などを計測したい時などに便利です。他にはマラソンなどでよく使われますね。スタートからゴールまでの時間を測ることが出来ます。

今やスマホで代用できる機能ですが、スマホの画面を開かなくてもさっと腕時計を出せば簡単に時間を計測できるので、操作さえしていれば「見る」という1アクションだけで済みますから腕時計は使い慣れると便利です。

しかも腕に着用しているので手がふさがれることがないのも利点です。

 

クロノグラフの使い方

クロノグラフの使い方を説明します。

ストップウォッチを使う時は、正確に時間を計測するために時計に衝撃を与えないようにしましょう。

まずは、スタートボタンを押します。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

 

そうすると、センターのクロノグラフ秒針が動き出します。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

 

計測を止めたいところでストップボタンを押します。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

 

計時結果の読み方ですが、30分積算計も12時間積算計も動いていないので、クロノグラフ秒針が止まっているところを見ます。

19秒のところで止まっています。

つまり、測りだして止めるまでの時間は19秒だったということです。

 

時間を計測が終わりリセットしたいときは、リセットボタンを押します。オメガ スピードマスター プロフェッショナル

 

すると、クロノグラフ秒針が元の12時の位置に戻ります。
オメガ スピードマスター プロフェッショナル

というように、クロノグラフを操作します。

ボタンは二つしか使わないので、すぐに操作は覚えられます。

あとは計時結果をスマートに読み取れるかだと思います。

これも使っているうちに、慣れるので安心してください。

 

タキメーターの使い方

ベゼルの内側にTACHYMETRE(TACHYMETER)という表記があります。

この部分の数字を使います。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

 

操作方法はストップウォッチと一緒です。

スタートボタンを押して、ある地点から1キロに到達したときにストップボタンを押します。

この時に、クロノグラフ秒針が指しているタキメーターの表示部分の数値を読みます。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル

クロノグラフ秒針は80を表示しています。

つまり、平均時速は80km/hということになります。

 表示部分を見てもらうと分かるのですが、60km/h以上しか測れません。基本的には自動車の速度を測るための機能です。自転車などの自動車よりも遅い乗り物の速度を測るには、スネイルクロノグラフという「表示がたくさん描き込まれている」時計を使用します。

スネイルとはカタツムリという意味です。ボーム&メルシエにその機能がついた時計があります。文字が小さすぎて読みにくいですが。

まとめ

クロノグラフの使い方はいかがでしたでしょうか?

思ったよりも簡単だったと思います。

ポイントはスタート・ストップボタンとリセットボタン!

この2つのボタンを覚えれば、ストップウォッチとしての機能は使いこなせます。

使い慣れれば色んな場面で使えますので、時計に慣れ親しむためにも試しに使ってみて下さい。

デザインとしてクロノグラフを楽しむのも良いですが、せっかくの機能を使いこなせればきっと腕時計ライフは充実しますよ!

 

コメント