GPS衛星電波時計が闘うサラリーマンの最強腕時計!

シチズン

kevinです。

ソーラー電波時計のパイオニアであるシチズンには「アテッサF900」という時計があります。

アテッサF900「HiSpeed GPS Magic」GPS衛星電波時計のスゴさ!

引用元:http://citizen.jp/attesa/

アテッサF900は、『衛星電波時計』というジャンルの時計です。

衛星電波時計とは?

「電波時計」のように電波に依存している時計を海外に持って行った場合には、電波塔がない所では普通のソーラー腕時計のクォーツと同じで月差15秒以内で動くというのが普通です。

ですが、このF900はF150から受け継いだ緯度経度の情報が衛星から取れるメカニズムによって、砂漠であっても絶海の孤島であったとしても、右下のボタンを長押しして衛星情報を取得するだけで、現地の時間に合わせられる優れものです!

この画期的なシステムは「サテライトウエーブ」と言いますが、詳しくは以下の通りです。

地上から約2万kmの高さで周回するGPS衛星から、位置および時刻情報を取得。位置情報から適応するタイムゾーンを自動解析し、時刻とカレンダーを自動で修正します。受信方法はユーザーの使うシチュエーションによって使い分けが可能となります。

①4時位置のプッシュボタンでは最短3秒で時刻情報のみを受信します。日常使いによるわずかな時刻のズレを修正する際に便利です。

②2時位置のプッシュボタンでは最短30秒で時刻・位置情報を受信し、現在地のタイムゾーンを自動解析、時刻を修正します。海外旅行等で現地のタイムゾーンが分からない時に便利です。

また準天頂衛星※「みちびき」にも対応しています。

この画期的な技術「サテライト ウエーブ」により、地球上のどこにいても広い空がある限り、正確な時を刻み続けるのです。

※準天頂衛星とは「準天頂軌道」という日本のほぼ天頂を通過する軌道を持つ人工衛星のことです。

日本のほぼ真上の高度3万2000~4万kmの軌道で運用されています。日本のように山が多く、ビルの谷間も多いと、精密に位置計測するために必要な4基に足りないことがあります。

「みちびき」はそのようなときにGPS衛星数不足を補います。

また非受信時での時間精度も追求し、F900では月差±5秒と、当社の最高クラスのクオーツムーブメント同等のスペックを持たせました。

たとえ衛星電波を受信せずとも、高い時間精度を維持できます。

引用元:シチズンオフィシャルサイト

宇宙とつながっている時計が「アテッサF900」なのです!

そして、その誤差は、電波時計と同じで10万年に1秒になります!(カレンダーは日付変更線を跨ぐ場合は自動で修正もされます。)

最短3秒で時刻を修正!

最長でも2分なので凄く速いです。セイコーの「アストロン」で5分から10分かかります。

「最短3秒」っていつも思うんですが凄いんです。

つまり、アメリカに行ったらボタンを1プッシュして最短3秒待つだけで現地時間になるんです。

従来のダイレクトフライトも搭載しているのでリュウズを2段引き出して、空港でも使われているスリーレターコード(日本は東京を意味するTYO)を合わせれば、アメリカにいても日本の時間を知ることが出来るのはダイレクトフライトをお使いの方であれば操作方法は一緒です。

このようなどちらでも使える機構はあると本当に便利で、最短3秒と言えど待てない時や自分のタイミングで時間変更したい方には、自分でリニアに変更できるのはありがたいです。

F900の機能

ケースがすごい!

チタン製のケースとブレスは、スーパーチタニウム製でデュラテクトと呼ばれる加工が表面にされており表面硬度はステンレスの5倍にもなります。

また、光沢感においてもチタンの素材感を活かしステンレスに負けない仕上げになってますので、高級感もある上に非常に軽くて使いやすいです。

こういった素材使いはシチズンは本当に上手だと思います。

サイズはケース径43.5mm/厚み13.1mmという、前述のサテライトウエーブと同じサイズで、GPSソーラーウォッチでは世界最薄となり、まさに今男性用の時計で欲しがられているジャストなサイズと言えます。

多機能型でありながら簡単操作仕様!

付いている機能としては、クロノグラフ、アラーム、ライトレベルインジケーター、UTCという第2時間表示の場所にUTCを常に表示する機能と、サマータイムのオンオフ、SETという手動で時間をずらす機能のモードがあります。

光発電の「エコ・ドライブ」としては、ライトレベルインジケーターという機能は非常に便利なのではないでしょうか。

文字盤に当たる光を感知し、発電量を7段階で計測してくれます。

今いる場所での発電量が一目でわかります。新機能です。

また、既存のF100やF150との違いは、クロノグラフやデュアルタイム表示が可能な高機能モデルであるという事と、F100はボタンを押して時刻情報受信をしなければいけない手間がありましたが、F150やF900では定刻受信をしてくれるようになったので非常に便利になりました。

Hi Speedな針の動き!

ムーブメントも新型となり、デュアルコイルを搭載していますので、時刻合わせの際やクロノグラフを帰零させる時、また、リュウズを1段引いて様々な設定をするときにも、体感できるほど針の動きがスピーディです!見ているだけで楽しいスピード感です。

まとめ

クォーツの性能も良くなっており、万が一電波受信を出来ない場合でも、月差プラスマイナス5秒以内という高性能なものを搭載しているなど、本当にカユイ所に手が届くような素晴らしい時計なのです。

スーパーチタニウム製は本当に軽いので、普段ステンレスの時計をしている方はビックリすると思います。軽いうえに腕にピタッとフィットしてくれます。付け心地が自然で装着感が素晴らしいです。

海外出張が多い方におすすめですが、日々の生活の中でも世界一正確な時刻を表示してくれるGPS衛星電波時計は闘うサラリーマンにとって最強のバディになってくれるでしょう。