「腕に着ける計器」ブライトリング

ブライトリング

こんにちわ。

kevinです。

「腕に着ける計器」というキャッチフレーズで男性を虜にしているブライトリングについてお話します。

1884年に、スイスのサン・ティミエという小さな村で、レオン・ブライトリングが創業しました。

そのレオン氏創業のブライトリングは、とにかくクロノグラフにこだわっています。

世界で初めて独立したサイドボタンを持つクロノグラフ「30分タイマー」を作ったのがブライトリングなのです。

 

いわば、クロノグラフの名門なのです。

 

カタログにはクロノログと書いてあり、要するに「クロノグラフのカタログです」と謳っているわけです。

 

そして、さらにもう一つこだわりがあります。

 

世界で唯一「100%クロノメーター宣言」をしていることです。

すべての機械式時計とクォーツ時計はクロノメーター規格に準拠しており、機械式だけでもマイナス4秒からプラス6秒以内という精度は驚異の99.9%になります!

更には、ジェット機での曲芸飛行をする際にも身に着けれるスペックを持っていまして、私が所有するクロノマットエボリューションでは300m防水、現行のクロノマット44は500m防水という、ロレックスのサブマリーナの300mよりも高い防水性能を誇ります。

クロノマットは、そもそもイタリア空軍「フレッチェトリコローリ」の依頼を受けて作成されたもので、常に飛ぶ事を生業にしている方のニーズにしっかり答えるその作りは堅牢で使いやすく、時にオーバースペックともいえる品質を持つほどなのです。

今年、千葉県で、エアレースが初めて行われ話題になりましたが、ハミルトンと一緒に協賛をしており、日本人参加選手である室屋選手のスポンサーでもあります。

下の画像は、自衛隊のブルーインパルスモデルです☆

カッコイイですよね。

ブライトリングは、ナビタイマーという永遠のオリジナルデザインのクロノグラフや、一つの竜頭でワールドタイムを操作できるトランスオーシャンユニタイム、24時間表示のコスモノート、2000m防水もあるスーパーオーシャンなどもあり、どの世界のスペシャリストの要望にもこたえられるように作り出されています。

そして、ベントレーとも同じ「B」から始まるブランドとして協力体制があり、ベントレーのダッシュボードクロックはブライトリングが作っています。ブライトリング・フォー・ベントレイとして別シリーズとして展開もされています。

 

クロノマットエボリューションです。

 

ビジネスでも使えます。

存在感は十分なので手首は注目の的です。

ゴツクて重いですが、それがまたカッコイイ時計がブライトリングです。車やバイクが好きな人に、ブライトリング好きが多いのもうなずけます。

大型バイクにとても合います。

他のブランドにはない圧倒的な存在感はたまりません。